川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. オススメまとめ
  3. 自動名入れ印刷代のすすめ<サービス強化>

 

自動名入れ印刷代のすすめ<サービス強化>


扇子販売サイトは「自動見積もり名入れ代サービス」を実施します。

このメリットとしては、

・お店側(当社)=無駄な見積もり制作をしなくて済む

・お客様側=当店の最安値で商品を購入することが可能になる

となります。このサービス強化をメインとして、2017年の扇子販売サイトを運営していきます。

naire_jidou
 

 

<1>200本以上限定とする

まずオリジナル名入れ印刷ですが「制限」を設けます。本数は200本以上とします

その分、名入れ印刷代は安く設定し、お客様のコストを上げないようにします。

100本程度だと、お客様の負担も大きいし、当店も利益額が少なく、双方ともメリットがないのが実情です

この内容から、200本からがギリギリ利益がなんとか出る形のためです。

名入れ印刷代は55円と設定しました。

 

 

<2>名入れ印刷範囲を4×40mmとする

今まではオーダーメイド感覚で、印刷範囲を設定していましたが、今回のサービス強化で、いかにコスト減をうまく対応するかで、名入れ印刷サイズを限定して対応します。

お客様のメリットとしては、その分「版代4320円」と従来の半分まで下げて提案していきます

総額コストをいかに下げるかの努力のためですので、ご協力下さい。

 



 

<3>竹部分の一部のガタガタを了承してもらう

今まで当店では最高クオリティを、できるだけ目指していたので、その分をコストとしてお客様に転嫁していました

結果、その分、総額コストにプラスされている状態になります。

今回は名入れ印刷工場と交渉した結果、こうした「自然の状態のもの」は仕方がないと見てもらうように指示がありました。

resize_DSCN1230 resize_DSCN1231
名入れ印刷の失敗ではありませんので、この部分は、自然の竹ですのでご理解頂きたい

あまりにもヒドイとなりますが、自然の扇子なので、工業品ではないので、理解をお願いします。

(どうしてもダメな場合は、名入れ代金の単価が上昇して対応は可能です)

 

下記の画像は、同じようにデコボコがあるタイプの竹見本です。

こんな感じで中にはあります。これを全て「名入れ素材不良品」としては、何本あっても対応できませんので、ご理解をお願いします

resize_DSCN2215
 

 

 

通常、名入れ印刷する親骨の竹部分は、このような「ツルツル」状態です。

ただし、中にはデコボコタイプもありますので、ご理解下さい。

resize_DSCN1325 resize_DSCN1338

2016年3月26日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク