川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. オススメまとめ
  3. 7月末から見える2016夏の扇子最終報告

 

7月末から見える2016夏の扇子最終報告


18

 

オリジナルはゼロ。その他数千本が数件。数百は沢山


2017年7月末近くになれば、夏本番の8月です。

もし、素人なら、「そろろそ夏本番で、凄く扇子が販売できるでしょう」と質問するでしょう。

実際に、アイスクリームやビアガーデンなどは、暑さに比例して、売り上げ増になるわけですから、気温が高くなると、こうした清涼グッズなどは販売が大きく右肩上がりになると思うのは当然です。

 

しかし、残念な事に、個人通販店対応のお店なら、そのとおりかもしれませんが、当店は「法人専門店」なので、基本というより、やっぱり今年もこの時期は売れないのですよ。終わった感がありますので、今回は、もう2017年夏の総括が出来るので、ご紹介します。

 

 

完全オリジナルはゼロ件

これは意外でありました。理由としては、単に当店がもう「必要としない」のです。総額は全く儲けるいるわけでもなく、この総額でダメなら来年の2017年度もダメですね。

オリジナル依頼が来て、対策が出来ないので、公開価格を見せているのですが、逆にわかっているので、その場で比較されて、問い合わせ自体が無いのが現状となっています。

来年は、どんなパターンで対応しなければいけないのか?考えところです。

ちなみに、生産メーカーではオリジナル依頼は沢山来ているので、こうした考えかたになっています。

 

 

200本限定と自動見積もり対応

このサービスも2017年夏から本格化しました。この件については「成功」と言えます。

沢山の注文があったわけではないのですが、商品を依頼するお客様様をまず第一として接客するため、優劣をつけなければいけません

このため、まだ見積もり依頼の方は、下の位置として対応するのが礼儀なので、このシステムをフル稼働させました

結果として、少ない注文が無くなる結果になりましたが、実際に注文されてる方への手厚いサポートは充実したと思います

 

ネットなので、どうしてもオープンな部分があり、どうしても「お客様を選べない」という致命的な部分がありますが、今回の自動見積もりによる200本限定システムで、当店が「最低限お客様と認める」範囲を、しっかりと提示したのはよく、来年もこのサービスを推し進めます。

 

 

扇子スタート時期が少しずれて損した

今回、扇子のスタート時期が4月からでしたが、細かい部分として、5月にずれ込みました。

結果、もっと素早く対策していればよかったのですが、同時期に「クーラーバッグ」と「熱中症対策グッズ」を同時にしなければいけなく、扇子だけをメインにページ入れ込が出来ない状態でした。

どうしても1人で対応しているため、限界がありますが、来年はもっと扇子を優先順位を上げて対応します。

 

 

 

ヤフー店を捨てた件

細かい注文なら、自動化しているヤフーの買い物カゴタイプが2016年はフル稼働したのですが、値上げの関係から、一切使わなくなりました。当店が儲かる仕組みが無くなったからです。

結果、すべての注文を、この独自店舗で展開したため、混乱はなかったですが、少し忙しい感じがありました。来年もヤフー店は全く使う気がありませんので、この点を効率化できるように、業務改善したいです。

 

 

数百本の件数を上げるためにどうすればいいのか?

来年の課題としては、数百本の扇子の依頼について、数十件ではなく、数百件にするためには、何をしなければいけないのか?という点が、経営的に非常にウエイトが高くなります。

このため、業務の効率化も当然ですが、扇子の仕入れや商品展開など、基本中の基本部分を、もっと強化していくのが流れだと思っています。

この部分を伸ばさない限り、扇子店を継続していくのは無理でしょう。

 

2016年7月27日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク