川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. オススメまとめ
  3. 浮世絵の北斎画も進化する話

 

浮世絵の北斎画も進化する話


02

西洋画の北斎のものが発見

 


 

最近、話題の中でひときわ目にした中で素晴らしいのがありました。

作者不明の西洋画 北斎と判明  2016-10-22(土) 1033 – Yahoo!ニュース

 

見てもらえればわかりますが、西洋の水彩画を真似て書いて浮世絵なんですよね。

内容はリンクを読んでもらればいいけど、医師のシーボルトから学び、それが長崎の出島で「作者不明」のため、今まで北斎の作品ではないという形で伝わっていたためです。

 

写真は日本橋の様子でしょうか。そのほかに両国や品川など、本当に見たいですね。

日本でも戦国時代には、印象画の傾向があり、狩野派が挑戦した流れがありますが、実際には文化保護の名目と、織田信長のバテレン嗜好で、いいところまでいったのですが、本能寺の変で、従来の日本画路線になってしまいました。

 

そうした中、異才である北斎が、シーボルトから学んだ水彩画の部分を、しっかりと見て判断し、立体的に書いている部分は、非常に興味深く、やはり教育があれば、日本の文化もしっかりと向上できることが証明されたことだと思います

 

どうしても浮世絵文化や歌舞伎文化など、従来の江戸文化がメインで、それ以上・それ以下の感じなのですが、しっかりと対応すれば、芸術も発展するとわかりましたね。

2016年10月24日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク