川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. 暑い日は扇子でしょう。寒い日に思う温度差との考え方

 

暑い日は扇子でしょう。寒い日に思う温度差との考え方


あけましておめでとうございます。

 

お正月の日には、それなりに暖かい日が続いた感じがありましたが、基本としては、
寒い日であります。このため、それなりの暖かいかっこうをして対策しています。

 

こうした感じで、寒い日には、それなりの格好が必要であり、寒い日には寒い日なりの。
かっこうがあります。ですから、こうした日があるので、どうしても夏には夏の考え方があります。

 

寒い日は簡単にいえば、ともかく凍えないようにする。
そのために、体の一部をメインにしています。手袋や帽子などが良い例だと思っています。

 

 

町並み
 

こうした流れであるから、実際にどのようなタイプになるのか見てみると、
やっぱり体の一部をすっぽりと覆うタイプは、非常に強い感じになります。

 

こうした点から見れるのは、やっぱり道具ではなく、服のような感じである場合については、
非常に効果が高いと判断しています。このようなタイプですから、扇子などはからだの一部ではありません。

 

このため、やっぱり扇子などは非常にセンスがよく販売しないとダメな感じになっていると思います。

 

扇子などは暑い日であれば売れるという発想だけではなく、どのようなシチュエーションが一番良いのか
判断しなければいけません。このような判断を的確にすることが、一番重要だと認識しています。

 

寒い日に比べ、暑い日は脱ぐ事でしか対策できません。
このため、脱ぐ限界も当然ありますので、こうした対策では、それなりの対策が必要不可欠になります。

 

扇子は単なる風を送るだけですから、これだけの要素だけではなく、その他の付加価値を対策しなければいけないと判断しています。こうした判断をしているので、もっと付加価値が高いものへとすべきでしょうね。

 

どのような付加価値が一番よいのか判断できませんが、ともかく、こうした判断ができるかどうかで、
単なる暑いというだけではダメで、暑いというプラスにどれだけ付加価値を加えるかが重要になっています。

 

こうした点などで、もっと高いサイトのレベルへと進化させてしたいですね。

2017年3月30日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク