川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. 鞍馬寺を見てきたよ。京都観光編

 

鞍馬寺を見てきたよ。京都観光編


resize_P1050144

貴船神社から次はまた同じ道を帰るのはもったいないので、鞍馬山から鞍馬寺へと進みます。

基本は舗装されていますが山道です。しかも、登山タイプですから、それなりに大変です。

 

resize_P1050148

奥の院である魔王殿。

ここまで1本道で上りなので、それなりに大変です。基本は貴船神社に来た人はここまできて、

また同じ道を帰ります。ここまで20分程度ですが、汗がはんぱなく出ますよ。

 

resize_P1050153

 

いゆわる木の根道。

義経がこの木の根を軽々と渡ったという感じになっていますね。

 

resize_P1050156 resize_P1050159

鞍馬寺の僧正ガ谷不動堂。

こうした場所で義経堂もありますので、平家物語が好きな方はこの地がよいですね。

ここは鞍馬寺から来た人が最後に見る場所みたいなものです。

 

resize_P1050164

義経公のなんとかやらが、沢山あります。

背丈や水のみ場などの由来が沢山あります。

 resize_P1360555 resize_P1360557

 本殿になります。

立派な作りですので、それなりに見えます。観光ではこちらがメインであるでしょうね。 

 

resize_P1360565

お盆の時期ですから、新緑のような青々とした感じ。

真夏なのですが、それでもなぜか涼しさがありますね。

resize_P1360573 resize_P1360575

さて、そのまま帰ります。

観光ですが、基本は取材なので、あちこち回りたいので、ともか先へ。

こちらは由岐神社です。

大木が有名であり、神木が綺麗にあります。これは見る価値がありますね。

 

resize_P1360590

 

全体の構図はこんな感じです。

鞍馬山と寺はこんな対になっており、ケーブルでいくことも可能です。

貴船神社から来たのですから、この奥から来ています。

 

resize_P1360595

 

終点の鞍馬駅です。

ここからまた、元の場所へ戻ります。

resize_P1360597

こんな感じで、貴船神社と鞍馬寺の取材が午前中で終わりました。

 

前 →https://www.sensudo.com/blog2013/3127.html

ご覧の方はコピーしてクリック

2014年3月1日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク