川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. 扇子の質問で多い順に答える。ベスト5の内容とは

 

扇子の質問で多い順に答える。ベスト5の内容とは


質問のQ&Aになります。

どんな質問が多く、どんな答えをしているのかお伝えします。

 

 

1位:見積もりはいつ出来るの?入金は先なの?

当店はネットショップですから、こうした質問は多いです。店頭での販売ではその瞬間で販売しておわりですが、当店特徴は「オリジナル扇子製作」がメインとなるためです。また、法人が多いので、予算を製作して決済の流れがあります。

ホームページは24時間稼動していますので、いつ申込みをしたかで返答のタイムラグがありますから、どうしても返答が少しずれますので、「見積もりはいつ届くのですか」という返答がります。これについては

・月曜日・金曜日は午後

・火曜日・水曜日・木曜日は午前

・土曜日・日曜日は対応していません

となります。そして、これが完了しての流れでは、「入金が先なの?」という点です。

これについては、信用度で言えば、当店は零細店舗なので、倒産の危険性がありますが、1000万円以下の仕事については、詐欺行為をする必要がないため、100万円以下の予算の仕事の依頼については、全く問題ありません。逆に10万円程度で心配するのは、当店の扇子販売店サイト自体が、数百万円・1千万円程度の「投資」をしているサイトなので、10万円程度で問題を起こしても全く「大損」になるためです。

 

 

2位:国内の国産扇子の代表である京扇子の違いについて

まず、生産本数が全く違います。京都扇子は製造しても1000本程度ですが、当店の販促用扇子は100倍の10万本が基本です。

このため、扇子の単価は100分の1になる事はありませんが、10分の1にはなる可能性があるものが多いです。

このため、品質については3分の1程度かもしれませんが、「価格相応」というレベルに応じては、非常に付加価値が高い扇子と位置づけることが可能となっています。

 

 

3位:もっと違う柄は無いの?オリジナルとの違い

当店の扇子については、すでに生産された柄の扇子を「国内で在庫」して、販売しているのがメインとなっています。このため柄が季節的に好きではない場合があります。工芸品の場合についても、豊富にありませんが、扇子専門店ですから、「あの柄の扇子を探してほしい」などの意見もあります。

当店は扇子販売店なので、こうした要望にも対応しなければいけませんが、法人の販促品なので、こうした手間隙をかけないで、大量に安く販売するのがメインとなっています。このため、こうしたニーズは基本は対応しておりません。

また、どうしても対応する場合についは、扇部分を全面フルカラーで対応する扇子生産がありますので、これを活用してください。

手軽にオリジナルの柄を提供する場合については、扇子よりもうちわをおすすめします。うちわなら印刷業なので、こうした点などが全く問題なく展開できるからです。

 

 

 

4位:扇子の専門カタログをもらいたい

当店の扇子の種類の豊富さと、内容については他店と比較しても、それほどダメな感じがないと思っています。これだけの低単価の扇子を取り揃えるのは大変です。

ですから、逆に1社から仕入れて展開しているのではなく、数十社から集めています。このため流れとしては、実用性がない綜合カタログがあるのですが、これを配布しても仕方がないので基本はサイトが一番充実しているという流れが現在の状況です。

 

 

 

5位:日本製の扇子を購入したい

当店の扇子は99%が海外生産のため、国産扇子とはいえません。このため、質問の中で、

「この単価で国産の扇子がありませんか?」

という質問がありますが、今までの商売の経験からいえば、在庫処分品ならありえる程度で、新品はゼロです。

つまり、時給40円の職人がいれば対応可能ですが、当然いませんので、流れとしてないでしょう。

ただし、「扇子製作教室」とかありますので、こうした1本単位のオリジナル扇子などが1本100円で「チャリティー」として提供されることはあっても、実店舗の販売店が日本製で100円で対応するのは不可能です。

 

 

そのほかにも、名入れの短納期とか、名入れの仕上がりとかありますが、こうした質問は

電話をして営業から「声」を聞く方が何倍も大切

という点があ百聞は一見に如かずですので、まずは電話をするのがよいでしょう。

2014年6月22日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク