川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. ヨーロッパでも扇子が使われている

 

ヨーロッパでも扇子が使われている


いまや「扇子」は世界に共通する夏のアイテムという事がわかりました。

 

イタリアの道端には車などでお店を出している普通の露店がたくさんあります。段ボールで商売をしているようなモグリの違法ショップではなく、しっかりと営業許可を取って販売しているお店です。

 外国の扇子店

 

そこで夏場にとても良く売られているのが扇子です!
大体1本15ユーロ(2,000円前後)で、どんなものかというと…当店でも販売している扇子があるじゃぁないですか!
その他にも日本のご当地扇子みたいに「イタリア」と書いてあったりするものや風景写真などのイタリア版ご当地扇子。ジュリアナ風な羽根がついた扇子などもありました。

 

日本でも同じような価格で販売されていてクオリティも同じようなので意外とぼったくりの価格ではないのも驚きです。そして結構な人がセンスを普通に使っているのも驚きました。
イタリアは日本と同じくらいに熱く湿気が無いだけマシという方もいますがとにかく暑いです。さらに夏休みとなるとサマーバケーションなので世界中のひとが観光に訪れるのですが、その世界中の人たちが普通に扇子を使っているのはなんだかおもしろい光景でした。

 

背景には中国人の移民が多いところと、日本人観光客が多いところにあると思います。中国人はすごいですね、どんな土地でも儲かると思えばすぐにお店を出してしまうんですから。でもそのおかげで扇子をはじめとする、日本も共通した文化がヨーロッパの方にも浸透していると思うと、なんだかありがたいことです。

 

 

2014年9月2日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク