川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. 一瞬で高級扇子を見分る方法

 

一瞬で高級扇子を見分る方法


暑い時期になるとたくさんの人が扇子を持って電車に乗っています。折角だから扇子鑑賞をしてみませんか?

 

 

扇子の形状を見てみましょう。扇子を閉じてピチッと閉まるものは日本製の高級扇子です。任侠ものの映画などでも身分の高い人がセンスを開いたり閉じたりとパチパチやっているシーンを思い浮かべることができると思います。あのパチパチできるのは高級扇子です。

パッと見た感じでも違いますね。閉じた時に左右の太い扇骨がギュッと締まるのが日本製の高級扇子で、ただ閉じただけな感じのものはスーパーなどでも売っている量産型のファッション扇子です。

 閉じ方(写真はファッション扇子です)

 

扇子の装飾品を見てみます。持ち手部分にオニキスのような黒いビーズがついたものが結構あります。見た感じ大変華やかで高級感があるのですが、こちらも購入しやすいファッション扇子です。実際に使うとカチカチぶつかって使いにくいので高級扇子ではあまり使われない装飾品です。使われる場合には重量があり、葵だと気にカチャカチャ動きにくい装飾品の場合は高級扇子です。
でも、ビーズ付きはとても華やかで可愛いので、気に入った扇子があったら是非とも使って欲しい扇子ですね。展示会でも女性のお客様で結構な人が「カワイイ!」と言ってくれる良い品です。

 ビーズ

 

扇面を見てみましょう。素材にも寄りますが布製、紙製共に片面から竹が見えるものはファッション扇子です。基本的に扇面の布の片面に竹を貼っています。竹が見えずに両面方竹を挟み込むように扇面が張られているものは高級品です。

 

片面ノリ

 

を見てみましょう。竹でも曲がっているものがあったり、扇いでいるときに大きく しなるものはファッション扇子です。高級なものは竹もしっかりしているので扇いでも扇の形が崩れるほど柔らかではありません。

また、竹以外の素材として、当然ですがプラスティックはおもちゃの扇子です。ファッション扇子まで行かないレベルのおもちゃ系です。逆に竹以外の天然素材のものは基本的に高級品となります。木製のものは素材として白檀などを使用していますので高級品です。

 骨

 

すべてが一概にコウとは言えませんが、ざっと見た時の目安です。あまり実用性はないですがほんのちょっとのネタとしたり、お客様が良い扇子を持っているのを見た時にほめたたえるポイントとして覚えておくと面白い扇子ネタです。

2014年10月28日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク