川越扇子店

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
目安
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. 扇子の人気の模様について:和柄

 

扇子の人気の模様について:和柄


扇子、扇には代替ほぼ同じようなデザインのものが多くあります。
なぜ同じようなデザインかというと、和柄の代表格として認知度があり、誰でも喜んで使えるように、あまり奇をてらったデザインではないように似たようなデザインになっています。
その中でも人気の高いデザインと意味、ターゲットを一覧で紹介しますので、扇子の模様選びのご参考にしてください。

 

【桜吹雪】

 

さくら日和 彩り扇子

桜は日本人の好きな花の代表格です。華やかで優しい色合いでは女性向け、暗めの色を使用した落ち着いた色合いでは男性向けで使用されます。
ピンク色、水色、紺の色を使われることが多く、ピンクは初夏の喜びを伝え、水色は涼しげなイメージを持ち、紺色では涼しげな夜桜のようなイメージのものが多くあります。全体的に華やかなので、派手なものが好きな外国人にも人気があります。

 

 

【小桜】

 

女性向けで和の雰囲気があるすす竹和扇花模様

小さなさくらの花模様がちりばめられた和柄デザインです。細かな柄なのであまり春や初夏を意識しないで使用できるので8月になってからの使用にも向いています。色としては紺地に白の小桜、白地に紺の小桜、エンジ色地に白の小桜が多く両方とも男女兼用で使用されます。

 

 

【蜻蛉】

 

古風な季節感が漂うすす竹和扇藍染とんぼ

外国の人に一番人気の和柄です。いわれは勝気や強運と言った意味を持つデザインなので、意味合い的にCOOLという事で人気があります。紺や緑色ベースに白色のトンボ柄が多く、比較的男性向けのデザインです。

 

 

【矢絣・矢柄】

 

すす竹矢かすり扇子

はいからさんでおなじみの女性の袴などによく使用されるデザインです。意味合いとしては蜻蛉同様に強くまっすぐ進むという事から勝気や強運もありますが、破魔矢のいわれがあるように厄除けという意味も持ちます。あまり気にしないで見るとストライプのような感じなので男女兼用のデザインです。色は様々なものがありますが赤系、紺系、緑系が多くあります。全体的に暗めの色を使用して派手すぎないようにデザインされたものが多くあります。こちらも外国人の方が好きなデザインの一つです。

 

 

【金魚】

 

白竹風流金魚扇子
冷たい水の中路気持ちよさそうに華やかに泳ぐ金魚は夏の風物詩でもあり涼しさを感じるデザインとして人気があります。基本的には金魚の美しさは上から見てヒレを開いたときが一番という事もあり、上からのぞくタイプのデザインが多くあります。金魚柄というと基本は上からのスタイルで、横からの物はあまりありません。模様の意味合いとしては健康祈願を意味しています。風水的に金魚は家主の厄を代わりに受けるという事から健康祈願、厄除けとして使用されます。しかし単にカワイイから、涼しそうだからという意味で使用しても十分楽しめるデザインです。子供から大人まで、男女兼用で使用することができます。

 

 

【ウサギ】

 

すす竹跳うさぎ扇子

ウサギのデザインは跳躍、発展という力強い開運を意味しています。しかし普通にかわいらしいデザインなので特に意味も気にせずに人気があります。扇子の中では珍しく遅いシーズンに対応していて8月後半から9月にかけて使用することもできますが人気が高いので毎年7月中に完売してしまいます。子供、女性向けで人気ですが青や紺色は男性向けです。

 

 

 

 

2014年12月4日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク