川越扇子店

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
目安
  1. 川越扇子店
  2. 扇子関連ニュース
  3. サイトのキーワード分析から見る扇子の価値

 

サイトのキーワード分析から見る扇子の価値


公開この1ヶ月間のサイトの「ほしい欲求」情報


扇子販売サイトにて、この1ヶ月くらいのサイトに訪れる方が、どんな情報が知りたいのか調べてみました。

アクセス解析と言いますが、これをみると、けっこう今の扇子に対して、どんなイメージがるのかわかります。

こちらになります。

扇子キーワード

圧倒的に扇子なのですが、3番目・4番目をみればわかりますが、オリジナル扇子の事について、もっと知りたいとの形がありますよね。当店でも専門ページをもうけて説明しています。オリジナル扇子の製作は、意外とサイトによりばらばらであります。

もっとも身近な「うちわのオリジナル」と比較すると、けっこう高い総額になりますので、この点で、素人的に「どうにかして、うちわのような安さでできないのであろうか?」と探しているのがわかります。「オリジナル扇子 激安」「オリジナル扇子 格安」などのキーワードがよい例ですね。

オーダーメイド扇子というキーワードもそのタイプになります。基本は確かに手軽に製作するという感じではなく、オーダーメイドで作る扇子製作となりますので、こうした工程がちゃんとできる方などが製作するのでしょう。

16扇子赤 扇子黒など指名買い


 数こそ少ないのですが、「扇子龍」や「扇子赤」など、指名した扇子の柄を探している方がいます。このタイプは、どこかにこの商品の柄がないのか探している方ですね。

このタイプは、「いかにセンスがいい扇子を探すか」がめいんなので、柄と単価があえば、全く問題ないレベルでしょう。

当店は既製品がメインなので、大量生産した結果、1本あたりのコストは非常に安いです

ただし、問題なのは、1本1人販売しているわけではないので、欲求に見合う販売方法ではありません。

12ビジネス専用


 インターネットの自由さから、多くの人が扇子を購入できるようになっていますが、基本は法人専門店であります。法人の方が、イベントやキャンペーンで、夏の祭事に使ってもらえるように専門店として展開しています。

このため「格安扇子」が重要でありますので、この単価で提供しているわけです。ですから、個人様が1本150円で購入されると経費赤字になる仕様となります

個人様はお断りにしているのは、こうしたビジネス的なノウハウの常識が通じないためであります。

「安いから安い品質やクオリティなんでしょう」という単価からくる尺度しかないため、価値低下にもつがなります。逆に法人は競争から生まれる価値をしっかりと認識しているため、問題なく販売できます。

2016年3月28日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク