川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ

 

名入れ扇子とは


名入れ扇子とは

名入れ扇子についての説明。オリジナル扇子との違いや名入れ・名前入れとの言葉

綺麗で早い

当店の扇子の名入れ作業は、過去に何度も色々な扇子にしているため、早くて綺麗。しかも、ハッキリとロゴなどが見れるようにプロのアドバイス付き。扇子の名入れならぜひお任せ下さい。

当店の場合は親骨部分にワンポイントの印刷をすることで、「低コストを実現」してるわけです。さらに既製品を展開するのがメインであるため、非常に商品自体が安くプロモーション活動には最適な商品になります。

こうしたオリジナルグッズ製作をメインとして展開し、ノウハウを積み上げることで、しっかりと短納期でのオリジナル扇子を夏グッズとして展開可能になっています。

 

企業向けのプロサービス

企業のノベルティグッズとして展開するため、名入れはプロ仕様です。イラストレータデータで入稿し、そのまま名入れをしますので、とても綺麗。しかも、ちょっとしたノウハウがびっしりあるので、失敗が少ない。

大口から小ロットまで

大口の数千本の扇子のオリジナル名入れから、200本程度で名入れまでお任せ。本数が多いから、本数が少ないから、という理由で差をつけません。本数が少ないと高くなります。

金額は見積もり依頼にて

名入れ扇子の金額は、通常の商品のみとは違います。まずは見積もり依頼にて名入れ扇子の見積もりを。

金額あえば、ぜひ。期間は1週間から10日程度で1万本までは同じ期間で出来ます。

名入れの速度について

<追加>当店の名入れの速度についてご説明します。

まず1日にどの程度の名入れが出来るかどうかですが、最大で1日3000本です。つまり3万本を名入れした場合については、10日間で出来る流れになります。ラインを組んで組織化すれば、この程度の速度になります。これは国内では非常に高いレベルであり、当店の自慢のサービスにもなっています。

このため、制作に関するノウハウは過去の実績から展開しているので、数々のトラブルなどは当店では、簡単にクリアできるまでのノウハウとしてあります。このため、例えば1社が1000本で10社集まったとしても、なんとか出来るレベルまでは展開可能となっています。これが当店の最大の強みと言えます。

 

名入れの扇子ですが、当店は竹部分に名入れをしています。納期は基本的に最短で1週間程度。1日300本から500本ペースで対応が可能です。名入れのスペースは基本として4×40ミリ程度です。特に高さは制限させますのでご注意下さい。高さが要求されるロゴなどは合わないのできおつけてください。

扇子はすす竹が多いので、名入れの刷り色は白が多いです。黒でも見えますが、みにくいです。想像としてボールペンの名入れと似ているので、仕上がりはとても綺麗に出来ます。竹部分に名入れをしますが、取れませんので安心して下さい。その他、わからない点などありましたらお気軽にお申込下さい。

 

 

<2016年2月追加>

名入れですが、さきほど電話があり、その内容についてご説明します。まず名入れとは名前入れであり、それはオリジナル扇子とは違います。

 

オリジナル扇子=名前入れ=違います

となります。

 

当然、多くのお客様が扇子のオリジナルグッズ制作などは初めてなので、どうしても名入れ=名前入れというと「扇部分全面に出来る」となるわけですが、これが大手の企業がする行為であり、個人レベルの予算しかないものは当然できません

 

個人でも最近では手軽に制作できるため、こうした考え方がありますが、もともとオリジナルグッズ制作とは、こうした視点からいえば、法人のみができる特別な制作物なのです。

 

これが、インターネットの登場で、手軽にできるようになったので、「自分でもオリジナル扇子が出来る」と勘違いしている部分がありますが、1000本以上のオーダーがないと、ほとんど意味がない状態です。

 

ですから、当店のような専門店が「個人様でも手軽に制作できるオリジナルグッズ」とは何というレベルで、竹部分に名入れをして展開しているのです。これは企業でも少ない予算で出来る機会がありますので、この部分で当店が選ばれる形になるわけです。

個人様レベルの場合などは、この点をしっかりと認識しておいてください。

 

 

2017年3月22日

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

【前のページ】

【このページ】名入れ扇子とは

【次のページ】