川越扇子店

履歴 TOPへ

移転のお知らせ

 

高級に関する情報:2ページ目


お探しの商品は見つかりましたか?もしなければキーワードを変えて再度チャレンジ。
各画像をクリックすると詳細画像や動画など細かい情報が見れます。

最終更新日:2019-05-14

 

商品情報の一覧

490

日本の伝統文化をPRするためには最適品。定番のお土産でも大人気の扇子。東京オリンピックにむけ...
【移転】名入れ印刷可能 合成皮革扇子入れ
【移転】名入れ印刷可能 合成皮革扇子入れ

108

2014年も登場しました。扇子をギフトとして展開する場合によく使う商品です。高級品などのキャ...

490

赤の和柄として人気。こちらの柄は名前が短冊なので、どういった感じになるのか難しいのですが、意...
浮世絵和のシルク扇子島の風景
浮世絵和のシルク扇子島の風景

490

オリジナル扇子は親骨部分に。シルク生地に描かれる日本画特有の墨での表現。柔らかな濃淡が気持ち...

490

神獣の神々しい麒麟のデザインの黒い扇子。お土産や記念品に人気です。黒扇子で高級感がバッチリあ...

490

カッイイ柄です。品質抜群の440円扇子。竹部分に1色の名入れが可能です。男性向けです。10本...

490


完売しました

114


完売しました

パステルカラー京都扇子
パステルカラー京都扇子

214


完売しました

171


完売しました

150


完売しました

477


完売しました


 


 
 


関連情報の一覧

・2016年の扇子販売の傾向についてのまとめ
 扇子は100円程度なので影響を受ける単価「もっと安くならないのですか?」と質問されたら、「そら!無理でしょう」と答えます。その大きな原因が為替になります。扇子の多くは中国などの生産工場で作られて持ってきます。そのため、海外の輸入取引になるため、日本円の力が強ければよいわけですが、この所の「円安」のため、けっこう同じ品質でも値上げになるわけです。<為替100円→為替120円>100円から120円に...
・オリジナル扇子単価<価格表2017>
*2017年度価格表ズバリ!この総額になります。自分で計算してください。オリジナル製作については、見積もり不要の総額を「本数×単価」で計算をお願いします。納期については決断が早く決定できる部分があれば、業界最短(20日)で対応可能な場合もあります。<関連記事ぜひお読み下さい>・扇子のオーダーメイドについて一言 <2016年オリジナル扇子一覧> <2016年3月21日>両面紙印刷...
・100円から150円の扇子がどっさり。夏の新商品
今回の追加の扇子は「なかなかどうしていいです」と言えますね。 理由は簡単です。安いからです。しかも単に安いだけではなく、デザインも良くなっているのであれば嬉しい限りです。 どうして今年はこんなに「豊作」なのかしりたいくらいです。ただし、しってしまった以上、簡単に在庫切れになる可能性もあり、意外と大変な部分もあると判断しています。 さて、どんな扇子が豊作なのかおすすめがありますので、ご紹介しま...
・両面紙扇子の仕様について
今の3月下旬はオリジナル扇子の依頼が多くなっていく形になります。 これはよくあることで、製作時間が2ヶ月かかるからです。ですから、実質的には今が一番余裕をもって対応できる時期であり、5月下旬という夏一歩前の時期に納品可能となります。このため今では、よくあるオリジナル扇子の質問が多く、現場でも例外といわれる両面印刷などの依頼もきています。そこでどんな形なのかご説明をします。   &n...
・一瞬で高級扇子を見分る方法
暑い時期になるとたくさんの人が扇子を持って電車に乗っています。折角だから扇子鑑賞をしてみませんか?     扇子の形状を見てみましょう。扇子を閉じてピチッと閉まるものは日本製の高級扇子です。任侠ものの映画などでも身分の高い人がセンスを開いたり閉じたりとパチパチやっているシーンを思い浮かべることができると思います。あのパチパチできるのは高級扇子です。 パッと見た感じでも違...
・竹名入れ扇子の注意点と方向性について
竹部分の名入れについてです。 竹の色は3色しかありませんので、とっても分かりやすいです。   ・白竹 ・すす竹 ・黒竹 となります。   多くの名入れ商品で、本体の色が3色しかないというのは珍しく、この3色のパターンさえ覚えておけば全く問題ないレベルです。ですから、この方向をしっかりと頭に入れてオリジナルグッズ制作をメインとしましょう。具体的に説明します。 &...
・扇子の言葉の歴史と中身を調査してみる
扇子店となると、やっぱり京都の扇子が有名んであり、老舗などの店舗はほぼ京扇子関連です。 当店はネット通販店であるため、京扇子のような実店舗がありませんから、まったく格式がないという点です。ですから、今回は扇子について調べてみたいと思います。どんな感じで扇子の歴史や文化があるのか、自分なりに調査してみます。    扇の語源 扉からきた感じです。中国での戸と羽を合わせて、扇としている感じ。...
・扇子の大量購入で激安になる3つの理由
4月から扇子販売の本格的な戦いが始まります。 販売店同士もそうですが、それよりもお客様との戦いの方がより深刻でエキサイトします。どのような感じになるのか。 これは激安で仕入れたい人との戦いです。 そこで、どのような点があるのか書いてみます。     1:大量購入とは何万本のこと?え!100本が大量(笑) 「扇子を大量に購入した場合、安くなりますよね」と相談されるこ...
・扇子を撮影する際にきおつけている点
2016年の新扇子がぞくぞく入荷しました。 まずはどんな扇子なのかを判断するためにも、どの生産メーカーからスタートしたのかが重要になります。 そこで、カタログから抜粋して、扇子があるページなどをみて、これはと思う扇子をピックアップしてページを制作します。 この時点では現物は1度も見ていません。   そして、ちょうどこの時期になって、撮影をする段階になります。ページを先に設定する...


 


 
 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク